抜け毛専門のホームページです。
Japanese Society of Fallen Hair 抜け毛研究会


お問い合わせ
抜け毛・毛根を分析して脱毛の原因を解明する研究をしています。
HOME 抜け毛研究会とは

毛根検査(有料)

お問い合わせ

抜け毛研究データ

会員一覧
ナヘポ スムースシャンプー

245ml

一般価格11,772円(税込)
会員価格9,612円(税込)

初回限定価格
9,612円(税込)










抜け毛を少なくすることを目的としたシャンプー剤


日本毛根抜け毛研究会は シャンプーの時の抜け毛を軽減するために

抜け毛減少を目的としたシャンプー剤を研究・開発しました。 

実験開始     2015年1月1日撮影 1年後   2016年1月1日撮影

残念 写真がぼけてる

シャンプーを変えることで抜け毛を減らすことができる

洗髪時脱毛減少シャンプー剤 ナヘポスムースシャンプー開発について
シャンプーをしたら
排水口に大量の抜け毛が!!!
こんなに抜けて大丈夫なの?
こんなふうに思った人 多いのではないでしょうか?!

抜けた分生えてくれば 髪の毛の本数は変わりませんから 問題ありません。

【リスク】
問題なのは2つ

@抜けた分生えて来ない事
A抜けたあと生えて来るのに時間がかかる事


この@Aは 髪の毛が多く抜けるほど薄毛のリスクは高くなります。

多く抜ければ多く生えてこなくてはいけません。
例えば 
1日に100本抜ける人と10本抜ける人がいるとします。
どちらの人も抜けた分生えてくれれば薄くはなりません。
-100+100=0 -10+10=0 (1日)
2人の差は0ゼロですが

しかし 仮に1割生えて来なかったら または 生えて来るのに時間がかかったら

-100+90=-10 -10+9=-1 (1日)
2人の差は -10+1=-9本

これが1年だと 

 -10×365ー-3650  -1×365=365
2人の差は 3285本になります。

この数字が多いか少ないかは今後の研究課題ですが
少なくとも差が出ることは間違いありません。

では そのリスクを少なくするにはどうしたら良いのか?

日本毛根抜け毛研究会ではシャンプーの時の抜け毛を少なくすることで薄毛のリスクを少なく出来るのではと考え洗髪時脱毛減少シャンプー剤の研究・開発をしました。

【2万914本】
1日で57本 1年で2万914本の違いが出ることになります。(あくまで計算上ですが)
シャンプー ドライ 合計
一番抜け毛が多かったシャンプー 126.7 59.8 186.5
ナヘポスムースシャンプー 91.7 37.5 129.2
1日の差 35 22.3 57.3
1年の差 12775 8139.5 20914.5

【頭髪は約10万本生えている】
日本人の髪の毛の本数の平均は10万本と言われています。
日本毛根抜け毛研究会でも2010年に伸ばした髪の毛を坊主にして髪の毛の数を実際に数えました。101日をかけて数えた結果は98,998本でした。
2万914本と言う数字は 日本人の平均頭髪本数の5分の1にもなります。

【髪の毛はシャンプーで抜ける】
髪の毛は物理的摩擦・刺激によって毛包から抜け落ちます。
そしてそれはシャンプーの時に一番多く抜けます。
さらに、タオルドライ・ドライヤー・コーミングを考慮すると
抜け毛はシャンプーの時にほぼ100%だということが言えます。
日本毛根抜け毛研究会調べ

【ヘアサイクル】
毛髪はヘアサイクルと言って 発毛→成長→退行→休止→脱毛 を繰り返しています。
ですから 髪の毛が抜けることは異常なことではありません。
ヘアサイクル通りに寿命を全うした抜け毛は正常です。

【どちらが先?】
生えるから抜けるのか?
抜けるから生えるのか?

いろいろな説がありますが実際にはどちらなのかはわかっていないと思います。

生えるから抜けるのであれば髪の毛の数は変らないので何の問題もありません。
しかし、抜けるから生えるのであれば 生えて来なかったらだんだん髪の毛の数が少なくなってしまいます。

実際 髪の毛の本数が少なくなっている人がいることを考えると
後者の “抜けるから生える”の可能性が高いと考えています。

【髪の毛の成長速度】
髪の毛は1日に0.3mm 1ヶ月に1.5cm程度伸びます。
もちろん 個人差がありますが
それよりも 薄くなっている部分と健康な部分とでは大きな差があります。
薄くなっている部分はほとんど伸びません。一ヶ月で1mmなんてケースも稀ではありません。

【研究開発の理由】
休止期の髪の毛を長持ちさせる事ができれば 髪の毛の数を多く保つ事ができると考えました。
それには先のデータを考えるとシャンプーをしない(髪を洗わない)ことが1番と言う事になります。
しかし、現実的にシャンプーをしない(髪を洗わない)ことができるでしょうか?
人間社会のエチケットとして また 伝染病などの防止を考えると難しいと思います。
それで シャンプーの時の抜け毛を少なくするシャンプー剤の研究開発を行いました。
髪の毛は物理的摩擦によって抜けますから シャンプーの時の摩擦をできるだけ少なくするように試作を繰り返しました。
度重なる試作と実験を繰り返して完成したのがナヘポスムースシャンプーです。
シャンプー ドライ 合計
試作1 0
試作2 0
試作3 101.3 56 157.3
試作4 128.4 63.4 191.8
試作5 123 56.7 179.7
試作6 112.7 50.9 163.6
試作7 109.9 43.4 153.3
試作8 91.7 37.5 129.2
109.5 55.9 165.4
93.7 48.5 142.2
124 42 166
118 48 166
65 59.5 124.5
122.6 47.4 170
125.6 57 182.6
125.6 60 185.6
126.7 59.8 186.5
132.3 54.1 186.4
114.6 49 163.6
※試作1試作2は私の考えと違うものになっていましたのでデータをとりませんでした。
※試作8がナヘポスムースシャンプーになりました。
※Eが一番抜け毛が少ないのですが ほとんど泡立ちのないシャンプー剤で、そのためドライの時に非常に多くの抜け毛が発生しました。

NAHEPO スムースシャンプーを
◎使って欲しい人 (^o^)
□抜け毛が怖くてシャンプーをすることが不安な人
□一般的なシャンプー剤が信じられなくて使えない人
□薄毛の改善にはシャンプーからと考えている人

×使って欲しくない人 (^_^;)
□シャンプーは香りで決めている人
□ギシギシするくらい脂が落ちないと気が済まない人
□シャンプーにこだわりのない人
ナヘポ スムースシャンプー

245ml
一般価格 11,772円(税込み)
会員価格 9,612円(税込み)

初回限定価格 9,612円(税込み)
リピーター率70%!
【安心・安全】

1.・洗浄成分は天然素材で素直な泡立ちで脱脂力は弱め

2.・髪の毛と皮膚の成分が多く配合

3.・洗っている時 お湯で流したあと髪の毛が引っかからない(きしまない)なめらか

4.・石油系界面活性剤、シリコン、パラベン、フェノキシエタノール、香料、着色料を使わない
抜け毛データ
抜け毛とは/抜け毛の集め方/一日に抜ける本数/季節による抜け毛の本数/抜け毛の分類/2001年抜け毛データ/2003年抜け毛データ/2004年抜け毛データ/2007年抜け毛データ
HOME 抜け毛研究会とは

有料抜け毛診断

お問い合わせ

抜け毛研究データ

会員一覧
日本毛根抜け毛研究会 サイト運営者 日本毛根抜け毛研究会代表 毛根抜け毛研究家 生沼清道
Copyright (C) 2008-2011nukeken.jp All rights reserved.
【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます。】